TOPへ

腹痛(冷や汗・息苦しさを伴う)

腹痛にお悩みの方へ

腹痛イメージ
腹痛は日常生活でも起こりやすい症状ですが、中には重大な病気のサインとして生じているものもあります。以下のような腹痛が見られた際は、疾患の症状として現れている可能性がありますので、お早めに当院までご相談ください。

  • 突然の激しい腹痛
  • 1日以上痛みが続く
  • 痛みが徐々に増している
  • 圧迫すると強い痛みがある
  • 特定のタイミング(空腹・食後など)でお腹が痛くなる
  • 腸がけいれんしているような激しい痛み
  • 下痢を伴っている
  • 吐き気や嘔吐を伴っている
  • 発熱を伴っている
  • 血便や吐血がある
  • 息苦しさも伴っている
  • めまい、貧血、冷や汗、頻脈などを伴っている

腹痛の種類

腹痛は内臓痛、体性痛、関連痛に分けられます。

内臓痛

胃や大腸の急な収縮・けいれんによって引き起こされる腹痛です。腹痛だけでなく、吐き気や冷や汗、便秘、下痢などの症状が現れることもあります。

体性痛

腹膜や横隔膜などへの刺激によって生じる腹痛です。触ったり歩いたりすると、強い痛みが起こるのが特徴です。

関連痛

痛みの原因となる内臓とは異なる部位に痛みが現れる腹痛です。痛む場所が明確で、鋭い痛みを感じます。

腹痛を起こす疾患

お腹の上部分が痛む場合

お腹の下部分が痛む場合

腹痛は
関市すぎやま内科・内視鏡クリニックまでご相談ください

腹痛は日常生活でも起こりやすい症状で心配いらない場合も多いです。ただし、時には深刻な病気のサインとして起こることもあるので、慢性的な痛みがある、強い痛みがあるなど気になる症状がある場合は、お早めにご相談ください。
特に消化器系の疾患は自覚症状に乏しいまま進行するケースが多いため、早期発見と早期治療が大切です。当院では消化器病専門医が患者様それぞれに合わせた丁寧な診療を提供していきますので、ご不安な点がございましたら、お気軽にご相談ください。