TOPへ

喉がつかえる(食べ物が詰まる・下に下がらない)

このような症状はありませんか

喉の違和感
これらの症状はストレスが原因で起こる場合もありますが、疾患が原因となって症状が現れている可能性があります。自己判断せずに検査を受けて原因を突き止めることが重要です。少しでも気になる症状がある場合はぜひ当院へご相談ください。

  • 食べ物が喉に引っかかる感じがする
  • 飲み込みにくさを感じる
  • 喉に痛みや異物感がある
  • 水を飲まないと食べ物が通過しないように感じる
  • 胸部に圧迫感を感じる
  • みぞおち周辺が重苦しく感じる
  • 慢性的な胸焼けやげっぷがある

食べ物が喉に詰まったように感じる原因

ストレス

ストレスイメージ
強いストレスで自律神経が乱れ、喉や食道の機能が低下することがあり、食べ物が詰まるように感じることがあります。

逆流性食道炎

逆流性食道炎イメージ
胃酸を含めた胃の内容物が食道に逆流する病気です。胸焼けやげっぷの増加、喉がつかえたような感覚などの症状が特徴です。

逆流性食道炎はこちら

食道アカラシア

下部食道括約筋の機能低下によって、食べ物が食道内で詰まったような感じや胸部の違和感を引き起こす疾患です。胃カメラ検査で診断できます。

食道がん

初期段階では目立った症状が起こりませんが、進行すると胸焼け、胸の痛み、違和感などが現れます。

食べ物が喉に詰まったように感じる場合の対処法

運動不足の解消

ストレスを解消するために、ウォーキングやジョギングなどの軽い運動を行うことで、食べ物が詰まるような感覚が落ち着くことがあります。しかし、急に激しい運動を始めると体に負担がかかるため、軽い運動から始めることがお勧めです。

姿勢や服装

長時間前かがみの姿勢をとる、腹部を締め付ける格好をすると、食べ物が詰まったような感覚を感じることがあります。日常の姿勢に気をつけ、腹部に圧迫感のない服装を心掛けましょう。

食習慣の改善

脂肪分の多い食事や間食、過度のアルコール摂取は、食べ物の詰まり感を引き起こす要因になります。バランスの良い食事を意識し、寝る前の食事は避けるのが望ましいです。

当院で行う検査

喉の詰まり感や食べ物のつかえ感などの症状は、逆流性食道炎、食道アカラシア、食道がんなどの消化器系疾患が原因となって生じていることがあります。
当院の院長は消化器・内視鏡の専門医・指導医であり、高度な専門知識を持って検査・診断を行います。症状にお悩みの方は、どうぞお気軽にご相談ください。胃カメラ検査を含む様々な検査を通じて、体内の異常を丁寧に調べ、正確な診断を提供します。気になる症状がありましたら、当院にご相談ください。

胃カメラ検査はこちら

喉のつかえ感は
関市すぎやま内科・内視鏡クリニックへご相談ください

「食べ物が喉に詰まったように感じる」「食べ物がつかえる」といった症状は放置せずに、原因を特定するための検査を受けることが重要です。これらの症状は、食道がんを含む深刻な病気のサインである可能性があります。
当院では食道がんの早期発見に役立つ胃カメラ検査を実施しています。不安を解消し、疾患の早期発見・早期治療のためにもご相談ください。