TOPへ

胃もたれ(胃が気持ち悪い・胃の圧迫感がある)

このような症状はありませんか

食事が進まないイメージ
胃もたれの感じ方は人によって異なります。もし、以下に挙げるような症状が見られる場合は、胃もたれの可能性があります。お気軽に当院までご相談ください。

  • 胃が重く感じる
  • 不快感がある
  • 違和感がある(消化不良感がある)
  • お腹が張っている
  • 吐き気がある など

胃もたれが起こる原因

暴飲暴食・偏った食事

暴飲暴食や脂肪分が多い食品やタンパク質が豊富な肉類などを摂取することで、胃への負荷が大きくなり、不快感を引き起こすことがあります。

ストレス

自律神経が消化器系の機能を調整しているため、ストレスが自律神経のバランスを崩し、消化器機能の低下を招くことがあります。

加齢

年齢とともに腸の蠕動運動を促す筋力が衰えることで、胃もたれが生じることがあります。

消化器疾患

消化器系の疾患が原因となり、胃もたれが生じている可能性があります。原因疾患を特定し、適切な治療を行うことが重要です。

胃もたれを起こす疾患

以下のような疾患が原因となり胃もたれが生じている可能性があります。

胃もたれの検査

胃カメライメージ
胃もたれは疾患の症状として起こっているケースもあります。慢性的な胃もたれやその他気になる症状がある場合は、胃カメラ検査によって原因疾患を特定し、適切な治療を行うことで辛い症状を改善できます。
当院では、経験豊富な内視鏡専門医・指導医が検査・治療を行い、患者様の不快感を軽減するための配慮をしています。どうぞ安心してご相談ください。

胃もたれの治療

食生活の見直し

  • 食事や飲酒量は適量にし、腹八分程度にする
  • 寝る時間の3時間前には夕食を済ませる
  • 脂質や糖質を控えた食事を心掛ける
  • 食物繊維を摂る

生活習慣の見直し

  • 規則正しい生活を送る
  • 適度な運動を心がける
  • 十分な睡眠時間をとる
  • 体を冷やさない

これらを心掛けて食事や生活習慣を改善しましょう。ただし、生活習慣の改善を行っても症状が続いている場合は、疾患の症状として現れている可能性があります。内視鏡検査で原因を特定することが必要です。

胃もたれは
関市すぎやま内科・内視鏡クリニックへご相談ください

胃もたれの原因を明らかにして早期治療を行うことで、症状もより早く改善されやすくなります。
当院では、消化器病専門医が患者様それぞれに合わせた丁寧な診療を実施しております。また、患者様の負担を考慮した内視鏡検査を提供していますので、胃もたれに関するお悩みがあれば、お気軽にご相談ください。